モンハンダブルクロス ヘビイボウガンとランス

クロスクリア後だれてしまっていたので敬遠していましたが、ダブルクロス購入しました。

ソロ攻略を目指していざ。

最近、bダッシュばかりでしたので走り方すら忘れています。

怒涛の勢いで各エリアに新情報アイコンが出ておりますが、とりあえず無視をしてg級解放に挑みます。

ディアさん一頭狩りらしいです。

早速使えそうな武器を見繕いに自宅へ、何を持ってたかしらん。

ざっと見たところ戦力になりそうな武器は、

ランス  スヴァロー(火)、アクアンスピア(水)、ラージャン(雷)。ガンスマリンフィッシャー(水)。ラボ 神ヶ島。ヘボ ラギアブリッツ、ハライケニケリナ、エクリクス、ディザスター。弓 ツユノタマノヲ、ヴァルスター、ディオスアロー。

前評判でブレイブヘボのダッシュしゃがみが楽しいとの話でしたので取り敢えずハライケニケリナ背負ってディアさんへ一狩り。

無事に突き上げ殺されます、猫め。

ブレイブ状態は確かに楽しいけど、ソロだと自分回りにヘイト集中するわけでダッシュもしゃがみもどうなのだろうか?

また、しゃがんだところで水弾しか撃てないので効率悪くなかろうか。

手持ちヘボだとどうにも相性が悪いのでおとなしくアクアンスピアにもちかえて再度挑戦。チクチクと30分針でクリア。

めでたくg級解放です。

g1面子をざっとみるもあまり惹かれない、反動ついてるのでザザミさん防具は欲しいけどガレオスとセットのクエストしかないのはちょっとなぁ。

取り敢えず装備作成はつまったらということで、適当にクリアしていきます。

クリアタイムは単独なら15分、2頭だと30分針っていうところです。

クック先生、ゲリョスドスガレオス+ザザミ、終了。

ダンジョントラベラーズ2-2 中盤

そうこうしているうちにダントラも8章までクリア。

ようやく最上級職が揃い、鍛治も生かせるようになり少し楽になってきました。

先々はこちらの強化に合わせて敵も強くなるらしいのでつかの間の安寧です。

  

ダンジョントラベラーズ2-2 序盤感想

 ダンジョントラベラーズ1章が終わりましたので簡単な感想を。 

 難易度やシナリオの雰囲気など前作と変わらない感じで楽しめています。新しく加わった仲間マモノも邪魔にならないバランスだと思います。といっても最初の一体を仲間にしただけですので先はわかりませんが。

 一点気になったのはロード、マップの読み込みは仕方ないと思うのですが、本拠地内での移動の時、頻発するし少し重いかなと思いました。施設を移動するごとに発生するので(書庫→ロード→店→ロード→本部)、売り買いしながら各施設を行き来しているとどうしても少し気になってしまいました。

 ただし、私が使っているvitaが初代でパッケージ版という点が悪いだけかもしれません。

ファイアーエムブレムエコーズ 本編クリア

やっとこさクリア 攻撃も魔防も伸びず育成グダグタでした。命綱の弓兵と女騎士がそこそこ育ってくれたのでなんとかチマチマクリア出来ましたが。終盤は神官と弓、主人公コンビしか動かしてない気がします。魔剣士よりも召喚した幻影兵の方がとどめさしていたような気が。隠しダンジョンはどうしようか、少しかったるい気も。取り敢えずとても面白かったです。

ファイアーエムブレム エコーズ 序盤 雑感

 昨日の帰り道にエコーズを購入し、早速二時間ほどプレイしました。

 本作はリメイク作品であり、原作は一般的なエムブレムシリーズとは少々毛色が違うようです。

 武器の仕様回数制限がなかったり、HPを消費して魔法を撃ったり、魔法自体も、魔導書ではなく、レベルを上げることにより覚えていきます。

 他にも色々な違いがあるようですが、ろくに調べず購入してしまった為、追々戸惑う事になるのだと思います。

 さて、本作は男と女の二人の主人公を交互に操作してストーリーを進めていくのですが、1章中盤まで進めた時点では、プロローグに少し女主人公が出てきただけで、基本は男主人公目線でシナリオが進みます。

 ざっくりとプレイした部分の話をまとめると、

 隣国の侵攻やら自国のクーデターで主人公の国はボロボロ、そこでレジスタンス軍は主人公の祖父(高名な軍人らしい)のスカウトを目論むも、無下に断られます。それを見ていた主人公がじゃあ僕がと名乗り出る、主人公の幼なじみの村人(AからD)も次々に手を挙げ仲良く、レジスタンス基地に向け出発します。無事に基地につくとレジスタンスも貴族派と平民派に分かれガタガタです。貴族の指揮官の下では平民の兵隊が満足に動いてくれないので平民出身の主人公の祖父をリーダーに据えようとしていたことを知ります。しかし、祖父は来てくれませんでしたので、またしても、じゃあ僕がと、リーダー就任です。

 

とここまで進みました。

 難易度ハードのクラシックモードで始めておりますが、開始時点ではほぼ村人というパーティー編成です。村人は2発で死ぬものと先入観がありますので少し戸惑いましたが、比較硬く、山賊程度が相手なら殴り勝てる村人達でしたので杞憂でした。

 殴り進んでいるとすぐにクラスチェンジが可能ですとの表示が出現しました。クラスチェンジのタイミングはもっと後かと思っていましたが、いつまでも村人では忍びないのでしょうか?早めのアナウンスです。

  出来ればレベル上げてからクラスアップしたいとこですが、難易度低そうなのでもうクラスアップしてしまおうかと悩んでいるとすぐ先のマップでつまりました。

 遠距離職及び体力のある前衛がいないとどうも大変そうです。仕方ないので、脳筋そうな村人A(グレイ)以外は転職しました。

 ここでの職業選択が序盤の難易度を決定付けるであろうことは予想出来ましたが、とりあえず直感のまま幼なじみ達を振り分けます。

 村人B(ロビン)→傭兵

 村人C(クリフ)→弓兵

 村人D(エフぃ)→ペガサスナイト

魔術師がいないことに一抹の不安をいだきましたが、道中仲間にしていたシスター(シルク)が攻撃魔法も使えてましたし、すぐに他の魔術師も仲間になるだろうと楽観視してこの編成で決定しました。

 結果すぐに仲間になったのは騎兵、ペガサスナイト、レンジャーの前衛職な上、ペガサスナイト被りです。

 的にはアーマーも出始めて深刻な魔法不足、育てようかと思っていた村人(グレイ)は泣く泣く魔導へ......。

ブログ開設にいたって

めでたく三十路を迎え、最近とみに思う事があります。
学生時代は半日以上ゲームをしていてもへっちゃらだったものですが、最近はどうも落ち込みぎみです。
もちろん、仕事なんかもありますので物理的にプレイ時間が相当減っているのは仕方ないのです。
ただ、それ以外にも体力やモチベーションの低下が原因としてあるような気がしてなりません。
このままでは積んでしまうソフトの山だけが残ってしまう気がします。
積んだソフトは成仏出来ず、余計な出費です。
とりあえず、ブログというかたちでソフトの購入、プレイ情報を記録することで新たなモチベーションを生み出せればと思っております。